整体師から見た、めまいを起こす人の共通点とは?

   

今回は「めまい」について書いていきたいと思います。

よくある医療系情報サイトのように、症状に対処する方法、治療法や薬の情報ではなく、整体師としてみた「めまい」。めまいを起こす体はどうなっているのか?という話を書きたいと思います。

めまいと同時に、しびれや、ろれつが回らないなどの症状がある場合は、脳梗塞の疑いがありますので、すみやかに医師の診察を受けてください。今回書く記事の内容とは違うものになります。

 

整体師から見た、めまいを起こす人の共通点。

まず、めまいというのは、起き上った時におきる、たちくらみ程度のものから、景色がグルグルまわる回転性めまいまで、いろいろあるわけですが、整体師から見た、めまいを起こす人の共通点は左の骨盤の開閉異常があります。

この異常は、左の骨盤を締める操作で、すぐ解消できるのですが、その他に、合わせてチェックしておきたい場所があります。

 

腕の疲労もチェック!

そのひとつは、腕の疲労。

仕事や家事で腕を使いすぎている場合、首の付け根の頸椎6番というところに異常が現れます。そうなると、めまいの他、メニエール、耳鳴り、難聴、吐き気、慢性喉頭炎などの原因にもなります。

 

貧血のようなめまい、のぼせたようなめまい。

もうひとつは、首の上の方、頚椎2番の異常で、首から上が血行不良になっている場合もあります。

これも、頸椎2番の左が悪い場合は、貧血のような状態でめまいを起こします。逆に右が悪い場合は、のぼせたような状態でめまいを起こします。

 

あと1つ、大事な急所。後頭部調整点。

やはり、めまいを起こす体というのは、後頭部がぶよぶよしてて、後頭骨が下がっています。それを後頭部調整点をつかって調整すると、めまいが起きにくくなります。

 

まとめ。

やはりこの「めまい」も、左の骨盤の異常が大きく影響しているので、普段の生活では、食べ過ぎないように、太らないように気をつける。

また腕の疲労など強く感じたら早めに休むか、整体をうける。

そして、後頭部調整点は自分でも輸気や調整ができるので、めまいに悩んでいる方は、日ごろから輸気しておく。といったことが有効だと思います。

 

関連リンク
たけしま整体のご案内
交通アクセス

 

 - 野口整体、二宮整体より ,