がんは自分の身体にできたもの、自分で作ったもの。その体質を変えない限りがんはおとなしくならない、のです。

   

先日、がんで悲しいニュースがありました。

がんの話になると、数年前の夏季セミナーで特別講師として来ていただいた、京都大学名誉教授の和田洋巳先生の話を思い出します。

とても整体的な考えをもった先生で、こちらのレポートの言葉を引用させていただくと、

 

がんとは何か?
・癌は自分の身体にできたもの、自分で作ったもの。
・その体質を変えない限り癌はおとなしくならない。
・癌をたたく、打ち負かすと言う治療は自分の身体をたたくこと!
・癌が棲みにくい身体を作り適切な、副作用の少ない治療を受けること。

引用元
http://gan-narinikui.org/topics/pdf/media/hiromiwada_20140202.pdf

 

そして治療コンセプトが、

がん治療を行うに当たって、
(1)がんが住みにくい体質づくり。
(2)免疫骨髄機能を高める。

という二点を前提として治療をすすめます。
(1)については、体を酸化させないことが重要です。
(2)については、食生活の改善などを通してがんと闘う免疫力を活性化させます。

引用元
http://www.karasuma-wadaclinic.com/clinic/concept/

 

いや~ホントに。自分の体のことですから。

 

僕たちの勉強している野口整体、二宮整体も、一見、僕たちが治療してるように見えますが、実は、あなたの体が治っていくのです。そのお手伝いをしている、という考え方です。

 

今、がんで悩んでいる、あなた。
このブログを読んでくれている、あなたへ。

・がんは自分の身体にできたもの、自分で作ったもの、です。
・その体質を変えない限りがんはおとなしくならない、のです。

 

関連リンク
たけしま整体のご案内
交通アクセス

 

 - 野口整体、二宮整体より ,