自己紹介

      2017/06/01

みなさんこんにちは!武島です。
ProfilePhoto
ブログが引越したので、あらためて自己紹介を書きたいと思います。

以前のブログはこちら>http://superseitai.blog48.fc2.com/

生い立ち

1968年、大阪府豊中市生まれ。
小中学校は地元の公立、高校も大阪府立の普通科に進学。

小5から喘息を患い、体育の授業は見学。修学旅行も、いつ発作が起きても対応できるようにと、先生と同じ部屋で寝た経験があります。

高校に入って、体鍛えようと思い水泳部に入りました。同時に新聞配達のアルバイトもはじめたので、新聞配達と学校と水泳部の練習で毎日がトライアスロンのような高校生活でした。高校時代には喘息の発作はほとんど出なくなりました。
高校卒業後は、大阪市内の小さな運送会社に就職しました。

整体との出会い

30歳のときに腰が痛くなって、どうしたものかと悩んでいるときに、同級生が整体師やってるのを思い出し、そこの整体に行ってみました。
待合室には野口晴哉という人の本がたくさん置いてあり、待ってる間に、いくつか読んでみたのですが、体について目が覚めるようなことがいっぱい書いてありました。

そして自分の順番が回ってきて、腰を見てもらったとき、マッサージではない、なんともいえない不思議な施術で、その日の夜は熟睡でき、朝起きたらすっかり腰の痛みはなくなっていました。そしてすぐ同級生に電話し、そのことを伝えたのを覚えています。

次回行った時には、この整体の話ばっかり聞いていました。どこで勉強したのか?専門学校とかあるのか?野口晴哉とは誰なのか?そういう質問をしているうちに、その同級生の師匠で、野口先生の弟子でもある、二宮進先生を紹介してもらい、その先生のセミナーに参加するようになりました。これが僕が整体をはじめたキッカケです。

整体を通して伝えたいこと

この整体を勉強していくと、目からウロコが落ちるようなことがいっぱいで、どこの病院でも、どんな薬でも治らなかった病気が、ちょっと骨盤と背骨を調整するだけで治っていくという、奇跡とも言えるようなことをいっぱい体験しました。

当時の僕は毎年冬になると扁桃腺炎で悩んでいたのですが、それも簡単に治ってしまい、また子供のころ悩んでいた喘息も、骨盤と背骨を調整すれば、早ければ2回で治るということも勉強して知りました。

これは絶対、広めないといけない、そして後世に伝えないといけないと思いました。

そうして今は、こうしてブログを書き、勉強したい人にはセミナーを紹介し、病気や症状で悩んでいる人には、来ていただいて施術をする、という日々を送っています。

 

前ページ 整体を受けられた方の感想

123

 

 - たけしま整体のご案内